オナニーの正しい方法とは?勃起力アップや早漏改善に効果アリ

正しいオナニー 間違ったオナニー

オナニーは個人的に楽しむものですから、そもそもな話としては正しい方法というものは明確にはできません。

しかし、方法によっては勃起不全や中折れなどの障害を抱えてしまう可能性があることが分かっています。

ここで言う正しいオナニーの方法とは、将来問題を抱えないための方法として理解して下さい。

性行為での遅漏や、膣内で射精できずに萎えてしまう膣内射精障害に悩んでいる場合は、普段からのオナニー方法が原因かもしれません。

間違った方法として代表的なものは、床にこすりつける床オナニーだというのは良く知られていることですが、これは女性の膣よりもかなり強い刺激であることが原因です。

短期的なものであれば問題ないのですが、長期的になってくるとすでに刺激に慣れてしまっているため、膣の刺激のみでは射精に至らないことが増えてきてしまいます。

また、手でこする方法も場合によっては同様の症状を引き起こしてしまうことが報告されているようです。

男性の手で握った場合、握力が簡単に10kgを超えますが、それでも女性の膣圧の刺激よりも強くなってしまいます。

正しい方法のポイントは、できるだけリラックスした状態で、弱い刺激を与えます。そこにイメージを膨らませて、射精に至ることが重要です。

近年、膣内射精障害が増えた原因の一つとして、簡単にアダルト動画が見れる環境が増えたことにより、本番をイメージしにくくなったことが挙げられます。

感度を下げてしまう原因となるので、できるだけ想像力だけで行うと良いでしょう。道具を使う場合ですが、オナホールの使用がおすすめです。

どんなものでも良いというわけではなく、低刺激で本物の女性の膣に近いタイプを使用してください。

また、本番を想定した正常位やバックなどの姿勢で行うのも有効です。最初から高速でピストンすると意味がないので、ゆっくりと動かしながら行いましょう。

あくまでも本番を想定したゆったりとした流れで行うようにするのがポイントです。良く下半身に力を入れた方が射精に至りやすいという人もいるようですが、先にも述べたようにリラックスすることが大切で、どこにも力を入れずにじっくり時間をかけて行います。

オナニーの継続時間が勃起の継続時間であるとも言われているので、強い刺激ですぐに終わってしまう人は、本番で射精に至らずに中折れしてしまうことが多いのもうなずけるでしょう。

回数については、体力が続く限り一日の制限はないとも言われていますが、過度にやりすぎると死に至るテクノブレイクという現象も報告されているので、適度な回数を楽しむのがおすすめです。



精力回復に効果的な6つの方法とは?

精力回復 方法

精力回復でまず思いつくのは精力剤かとおもいます。
しかしそれだけでは不十分です。複数の方法を組み合わせる必要があります。

1.精力剤
もちろん精力剤は重要です。精力剤の良いところは、毎日簡単に必要な栄養素をとれるところです。購入する際にはシトルニン・アルギニン・亜鉛のような成分が入っていることを確認します。どのくらい含有しているかもじっくり見てみましょう。A製品とB製品では含有量がかなり違う、なんてことも結構あります。また、効きそうなパッケージであるのに実際には単なる清涼飲料水だったりします。

また、有効成分は日本製よりも海外製のほうがたくさん入っており、価格も低価格であることが多いようです。中国製は少し不安かもしれませんが、アメリカ製などですと薬事法も日本以上にしっかりしていますので安心かもしれません。
2.食事
精力剤は栄養の吸収が良くないと言われます。やはり食事から栄養素を撮れるのであればそれに越したことはありません。にんにく・山芋・うなぎなどが精力回復には有効な食材として有名ですが、偏らないバランスのよい食事が必要です。また、過食は精力減退の原因となるので、腹8分目までと心がけましょう。
3.睡眠
睡眠不足は精力だけではなく、体調全体に悪影響を及ぼします。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起きるような、規則正しい生活をすることが重要です。
4.ストレス
多少のストレスは刺激にもなり健康な身体を育成しますが、強いストレスを貯めることは精力減退につながります。一口にストレス解消と言っても難しいかもしれませんが、ストレス解消できるような趣味を数個作っておくと良いでしょう。単なる深呼吸でもある程度の効果があるようです。ほかにもガムを噛む・手をマッサージするなどなど、簡単な方法も取り入れましょう。飲酒・やけ食い・爆買い・自傷行為・ギャンブルのような依存性のあるものはかえって健康を害したり、社会的な信用まで失ってしまう可能性がありますので避けるようにします。
5.運動
毎朝のウォーキング、体操などの軽い運動で構いません。あまりハードなものではなく、続けられる程度のものにしておいた方が良いでしょう。運動することによって男性ホルモンの減少を抑える効果があります。
6.禁煙
実は喫煙は精力減退につながります。多少良い影響の報告もあるようですが、基本的には嫌煙社会になっていますし、悪影響の方が圧倒的に多いです。

このように幾つも方法がありますが、あまり固く考えずにできることから始めていくことが重要です。



中折れしてしまう原因とは?中折れ解消のための2つの対策

中折れ 原因 対策

中折れとはセックス中に一旦は勃起したペニスが萎えてしまうことです。
では、どのようなことが原因なのでしょうか。また解決方法はあるのでしょうか。

まずは肉体的な原因あげられます。一旦、セックスを始めたものの、疲れや睡眠不足により、途中で性欲よりも眠い、休みたいという気持ちがまさってしまい、結果としてペニスが萎えてしまいます。
他にも運動不足で体力が低下している場合や加齢による精力減退によっても、前戯の段階で体力を使い果たして萎えてしまうといったこともあります。
次に精神面ですが、ストレスや悩みを抱えているとセックスに集中できず勃起が収まってしまう場合があります。

また、お酒で泥酔してしまった時は気分の落差が激しくなってしまい、結果として萎えてしまうこともありますし、普段オナニーでペニスに強い刺激を与えすぎるとセックスの刺激では勃起の維持が難しくなってしまう可能性もあります。

このように男性のセックス前の心身状態は中折れの原因となりますので、普段から中折れの原因を作らないような生活を心がけておくことや、必要に応じて薬やサプリメントなどを摂取することなどが1つ目の対策となります。

次にセックス中の状況についてですが、まず挙げられるのが緊張です。女性との初めてのセックス、相手を満足させられるかどうか。ある程度の緊張であれば性欲がまさって勃起を維持できるのですが、過度な緊張はペニスを萎れさせてしまうことにつながります。逆にセックスのマンネリも興奮を低下させてしまいます。他にも例えばセックス中に女性が前戯が気持ち良くないと、膣内があまり濡れていないという場合があります。こういった状態で膣内にペニスを挿入すると、ペニスが痛い、女性が痛がるといったことに繋がり、肉体的な快楽が得られないことや、ぎくしゃくした雰囲気になってしまうことで萎えてしまうこともあります。

このようなセックス中の問題はパートナーに素直に自分の気持ちを打ち明けましょう。ナイーブな問題なのでパートナーに話しづらいこともあると思いますが、自分が今緊張していることや、セックス中にこんなことをしてほしい、逆にどんなことをしてほしいのかといったことを話すことで、中折れせずにスムーズなセックスに繋がります。
また、マンネリにより中折れしそうな時には自分の好きな芸能人や美人とセックスしているところを妄想すると勃起を持続できるという人もいるようです。

このように「事前の心身状態を整える」ことと「セックス中にペニスが萎える原因を取り除く」。この2つの対策を心がけましょう。