ちんトレの効果的な方法とは?チントレでペニス増大は可能?

ちんトレ 方法 増大

チントレで有名な方法にはミルキング法やOK法などがあります。

その他にはPC筋やBC筋という勃起の根元の筋肉を鍛える筋トレもメジャーなチントレの方法の1つです。

チントレではありませんが、ペニスを増大させるには器具を使った方法や最も確実に増大したい場合は手術をする方法もあります。

また、チントレの効果を最大限引き出すためにはペニスのサイズアップに良い成分を日常から摂取することが重要です。

具体的には勃起するために必要なNO(一酸化窒素)の働きを促進する「シトルリン」、それに加えて成長ホルモンの分泌を促し男性ホルモンを増やす「アルギニン」を多く含むサプリメントが必須になります。

⇒ちんトレと一緒に飲んでおくべき精力剤のランキングはコチラ

ペニス増大に効果的なチントレの方法

ストレッチするOK法

ちんとれ OK法

ペニス増大に効果的なチントレの方法にストレッチするOK法とは、ベッドなどに腰掛けた状態で、親指と人差し指でオーケーサインを作りペニスを掴み前の方に30秒から40秒間引っ張る動きを行います。

そのあとは一旦引っぱるのをやめて、30秒から40秒間手を離しておきます。

次は持ち上げてもう一度前の方に30秒から40秒間引っぱりますが、次はインターバルを入れずに、そのまま左前に向けて30秒から40秒間引っ張るのがポイントです。

さらに続けて行い、右前方向に3も0秒から40秒間引っ張り、ラストにその状態を維持しながら円を描くように360度ゆっくりと回してください。

時間は同様です。1日にこの動きは4セットから6セットを目安に行います。

ジェルキング法

ちんとれ ジェルキング

チントレの方法は様々な方法がありますが、ペニス増大にはジェルキング法が効果的です。

やり方はシンプルで、ジェル状のローションでペニスをストロークするというチントレ方法になります。

根本から先端にかけてペニスをしごいていくことで、半立の状態を維持していき、ペニス増大を目指すトレーニング方法です。

一般的には、20分以上で100回ぐらいシゴクのが効果的と言われています。

ジェルキング法を行なっていくことで、ペニス増大と早漏改善を実現出来るようになり、男性としての自信も回復するようになっていきます。

ジェルキング法で増大をしたペニスは1年程度は持つとも言われています。男性としての自信を持てるようになり、異性にも積極的になれるようになります。

ミルキング法

ちんとれ ミルキング法

ジェルキング法と同様に人気のあるチントレの1つが「ミルキング法」です。ジェルキングとの違いはジェルを使うか使わないかの差です。

やり方はジェルキングと同じく至ってシンプルで、ペニスの根元から亀頭に向かってストロークさせるというものです。

その際に片手で根元から亀頭に向けて、もう一方の手で亀頭部分まで届くように握りこみます。

牛の乳搾りをイメージするとわかりやすいでしょう。

ペニスの根元から先のほうに向けてしごいていくことで、血流促進を図っていきます。

コツは、半立ちの状態で行なうというところです。もし完全に勃起している場合は少し休んで、半立ち状態に戻ったら行うようにするのがポイントです。

目安として、20分から30分の時間で100回から200回のストロークをするのがベストとされています。

PC筋トレ

ちんとれ PC筋

骨盤底筋という排尿や排便などの下半身の動きをコントロールしているPC筋を鍛えるチントレの方法です。

このPC筋は海綿体に送り込まれた血液を蓄積する栓のような役割も担っています。

つまり、PC筋を鍛えれば、ペニスに流れこむ血液の量が増えますので、勃起がより硬くなり勃起の維持時間も長くなるのです。

PC筋トレのやり方は簡単で肛門をキュッと5秒くらいしめて緩める、その繰り返しを1セット10回程度、1日4~5セット程度繰り返します。

BC筋トレ

チントレ BC筋

BC筋とはペニスの根本にある筋肉で、尿道から尿や精液を押し出す役割とスポンジ状の海綿体で出来ているペニスに血液を循環させて勃起状態にさせる血液ポンプの役割を果たす筋肉です。

そのためペニス増大には欠かせない筋肉だと言われています。

そのBC筋を鍛えるチントレ方法には、肛門に力を入れて閉めて鍛える方法があります。

PC筋トレと同様に簡単で肛門をキュッと5秒くらい閉めたり緩めたりの繰り返しをするだけで筋肉を強化する事ができるため、通勤中の電車の中や仕事中に椅子に座りながらでも場所を選ばずに簡単にできます。

器具を使ったチントレ

チントレ 器具

ペニス増大にチントレが有効ですが、素手で行う以外に器具を使った方法もあります。

ペニス増大のためのポンプや牽引器具を使ったやり方です。

ペニス増大効果を目的にしており、メリットは寝る時に装着する事で睡眠中もずっと陰茎を引っ張り続けるので、ペニスそのもののサイズアップが期待出来ます。

眠りながらチントレが出来るのは便利と感じる人もいるかもしれませんが、ただ睡眠中でも数時間置きに器具を取り外してペニスを休ませる必要があります。

当然ながら睡眠の邪魔になり、人によっては一度眠ったら朝まで目が覚めない人もいるかもしれません。

また日中に器具を装着すると随時自分の好きなタイミングで外す事は出来ますが、トイレなどで人の目線が集中してしまう可能性があります。

どちらにしてもペニスを芯から大きくする方法ではなく、ペニス増大は一時的なものです。

効果が永遠に続くものではないので、気休め程度に考えておいた方が良いかもしれません。

手術によるペニス増大方法

チントレ 手術

男性の悩みでもあるペニスのサイズアップを目指すには根本的な手術をする方法というのも手段の一つです。

ペニス増大のための手術は色々ありますが、中でも注射をする方法がお手軽です。

リパス注射は半永久的な効果があるというメリットが有ります。

ちなみに自分の脂肪を注入する方法ですと半永久的な効果が有りますが、コラーゲンやヒアルロン酸などの場合には、体内に吸収されるため永久的ではありません。

理没陰茎長茎手術は、最大の長さは大きくすることが出来るメリットはありますが、費用が自由診療で髙いというデメリットがります。

このほかにも手術の種類は色々ありますので、専門のクリニックに相談してみましょう。

チントレのメリットとデメリットとは?

チントレ メリット デメリット

チントレとはペニスのサイズアップを目指すためのトレーニングです。

メリットは、まず道具を使わず自分の素手のみで行うため、一切の費用がかからない事です。

例えばペニス増大のために外科的手術を受けたり、ヒアルロン酸を注入するという方法もありますが、手術にはかなりの費用が必要になり、ヒアルロン酸は定期的に受け続けなければ意味がありません。

そういった事からもチントレはローコストで自分の好きなタイミングで続ける事ができ、後ろめたい思いをしなくて良いというのも大きいです。

一方デメリットですが、効果が出るまでに時間を要するという点です。

最低でも半年以上続けないと意味がなく、早くペニスを大きくしたいという人や、地道に取り組む事が苦手な人には向いていないかもしれません。

チントレでちんこがデカくなる根拠とは?

チントレでちんこがデカくなる

男性にとって大きな悩みの一つでもある「ペニスサイズ」ですが、成人後に気になっている場合はチントレによって大きくなる可能性は十分にあります。

これによる増大効果が期待できる理由は、「海綿体の構造」にあるわけですが、何も詳しいメカニズムを理解しなければ期待する結果を得られないというわけではありません。

ただし、当然ながら仕組みを理解できていた方が効率よく進められる可能性はあるので、しっかり覚えてくことが大切です。

メカニズムを簡単に説明すると、「海綿体組織に栄養を送りつつ血流増加によって組織構成が成長する」ということです。

血流増加だけでもダメ、栄養摂取だけでもダメといくつかハードルはありますが、効果は十分に期待できます。

ペニスが小さくなる原因を解説

ペニス 小さい 原因

年齢を重ねてから自分のペニスが小さいと感じるようになったという方は少なくありません。

ペニスが小さく感じる原因の一つは、体内の男性ホルモン量が40代を境にぐんと量が減っていく特徴があるためです。

これは40代に入ると体の不調が顕著になってくるのと同様で、加齢を重ねると体の新陳代謝が全体的に衰えていくため、体の細胞が活発に入れ替わる事がなくなり体のパーツ全体が密度が低くなり、強度や量が少なくなっていきます。

新陳代謝の衰えはペニスにも同様にして起こっており、若いころ新陳代謝が活発で海綿体細胞が多い男性も、年齢と共にペニスの質も量も衰えてしまう傾向にあります。

新陳代謝力を衰えさせないためには、毎日の適度な運動とバランスの取れた食事、十分な休息をとることが重要です。

日本人の平均的なペニスのサイズとは?

ペニス 平均

あまり人と比べることができないペニスのサイズ。

自分のものが平均と比べてどの位なのか本当は気になっているという男性の方は多いのではないでしょうか。

そんな気になるペニスのサイズを大手コンドームメーカーが東京在住の身長175cm以上の20代・30代の日本人男性100人を対象に調査を行ったことがあります。

気になる結果は、ペニスの長さの平均は15.1cm、亀頭の直径4.1cm、竿の直径3.9cmだったそうです。

一方、大人のおもちゃを専門に扱う大手企業がユーザー50万人を対象に調査を行ったこともあり、その結果はペニスの長さの平均は13.56cm、亀頭の直径3.53cm、竿の直径3.19cmと、コンドームメーカーの調査結果に比べてやや小さいものになっています。

この結果の違いは、前者の集計のみ自己申告で行ったためと言われています。

女性が理想的とするベストなペニスのサイズはどのくらい?

女性 理想 ペニス 長さ

女性が理想的とするベストなペニスのサイズはある統計によれば、長さは通常時は8センチ、勃起時で15センチだとされています。

実際の日本人の平均サイズは通常時8センチ、勃起時12.5センチほどだとされているので、通常時の長さは理想に叶っていますが、勃起時はあまり叶っていないとも言えます。

また、ワンナイトラブを過ごす場合はさらに大きい方が良いとの意見もあり、こちらは16センチとのデータもあります。

さらに、経験を重ねるにつれて長い方が良いと考える傾向も見られます。

太さや硬さについては、正確なデータはないものの、やや太めで硬い方が良いという意見が多いとされています。

なぜならば、やや太めで程よく硬い方が気持ちがいいからです。

チントレの効果を最大限に生かす成分とは?

チントレ 増大 成分

チントレの効果を最大限に生かすためには、トレーニングと並行してペニスの増大に効果的な成分を摂取することです。

まず、代表的なペニス増大の成分としては「シトルリン」と「アルギニン」が挙げられます。

どちらの成分も勃起するために必要なNO(一酸化窒素)という物質の放出を増やす効果があることがわかっています。

それに加えてアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進することがわかっていて、男性ホルモンであるテストステロンを増やす効果が期待できるのです。

精液の原料の8割がアルギニンであることを考えるといかに精力アップに効果的がわかってもらえるでしょう。

他には「亜鉛」もセックスミネラルと言われるほど男性の生殖機能の大きな関わりがありますし、これらの吸収率を高めるビタミン類や抗酸化作用の強い成分(サポニンやポリフェノールなど)が配合されているのが理想的だと言えます。

ペニス増大の成分を含むサプリメント3選

では、上記で説明したようなチントレの効果を最大限に生かすための成分を多く含むサプリメント(※医薬品成分を含まない精力剤です)を3つ紹介しておきます。

 バイタルアンサー
ペニス増大 サプリメント

バイタルアンサーは1日あたり「アルギニン1600mg」「シトルリン1000mg」「亜鉛20mg」を含むサプリメントです。

おそらくこの3つのペニス増大成分をこれだけの量でバランスよく配合しているサプリメントはバイタルアンサー以外にはありません。

この他にもこの3つの成分の吸収率を高めるビタミン類や興奮のホルモンとして有名なアドレナリンの放出を助けるトリプトファンなども配合されています。

安全性に関してもGMPを始めとする3つの認定を受けていますので、副作用の心配もありません。

価格こそ安くはありませんが、返金保証もついているのでお試しで飲んでみる価値はあるでしょう。

 ヴォルスタービヨンド
ペニス増大 サプリメント

ヴォルスタービヨンドもペニス増大に必要な成分であるシトルリンを1日あたり801mg、アルギニン232mg、亜鉛12gと配合されたサプリメントです。

それぞれの成分量ではバイタルアンサーよりも劣ってしまうのは残念ですが、その代わりに動物系、植物系の成分が別50種類以上配合されているのが大きな違いです。

安全面に関してもGMP認定の工場にて製造されており副作用の心配もなく、30日間の全額返金保証もついています。

成分の量ならバイタルアンサー、成分の種類を重視するならヴォルスタービヨンドがおすすめです。

 アルギニンxシトルリン
ペニス増大 サプリメント

「アルギニンxシトルリン~マッスルプレス」という本来は筋肉サプリとして売られているサプリメントですが、アルギニンとシトルリンの配合量なら国内でトップクラスです。

アルギニンは1日あたり2000mg、シトルリンは1日あたり1000mgとバイタルアンサーを上回る配合量です。

ただし、配合成分がアルギニンとシトルリンのみですので、亜鉛や吸収率を高めるビタミン類のサプリメントを併用する方が効果が期待出来ます。

その分、価格はバイタルアンサーやヴォルスタービヨンドの半額程度の値段ですので、他のサプリメントと併用してもトータルのコスパでは安くなります。

あまり1日に飲むサプリメントの量が増えすぎるのはおすすめしませんが、面倒でなければ筋力サプリメントですが精力剤としてもおすすめ出来ます。

まとめ~チントレとサプリメントでペニス増大を目指そう

チントレ 方法 ペニス増大

チントレは増大効果が出るまで時間はかかりますが、徐々にペニスを大きく出来る方法です。

それに加えてペニスのサイズアップに有効な成分を日常的に摂取することでより早く効率的にペニス増大が期待できます。

食事から増大に効果のあるシトルリンやアルギニン、亜鉛などの成分を全て必要量摂取するのは現実的に難しいですから、サプリメントを上手に活用しましょう。

いずれにしろペニス増大には時間がかかるものですから、1日でも早く実践に移すことをおすすめします。




オナニーの正しい方法とは?勃起力アップや早漏改善に効果アリ

正しいオナニー 間違ったオナニー

オナニーは個人的に楽しむものですから、そもそもな話としては正しい方法というものは明確にはできません。

しかし、方法によっては勃起不全や中折れなどの障害を抱えてしまう可能性があることが分かっています。

ここで言う正しいオナニーの方法とは、将来問題を抱えないための方法として理解して下さい。

性行為での遅漏や、膣内で射精できずに萎えてしまう膣内射精障害に悩んでいる場合は、普段からのオナニー方法が原因かもしれません。

間違った方法として代表的なものは、床にこすりつける床オナニーだというのは良く知られていることですが、これは女性の膣よりもかなり強い刺激であることが原因です。

短期的なものであれば問題ないのですが、長期的になってくるとすでに刺激に慣れてしまっているため、膣の刺激のみでは射精に至らないことが増えてきてしまいます。

また、手でこする方法も場合によっては同様の症状を引き起こしてしまうことが報告されているようです。

男性の手で握った場合、握力が簡単に10kgを超えますが、それでも女性の膣圧の刺激よりも強くなってしまいます。

正しい方法のポイントは、できるだけリラックスした状態で、弱い刺激を与えます。そこにイメージを膨らませて、射精に至ることが重要です。

近年、膣内射精障害が増えた原因の一つとして、簡単にアダルト動画が見れる環境が増えたことにより、本番をイメージしにくくなったことが挙げられます。

感度を下げてしまう原因となるので、できるだけ想像力だけで行うと良いでしょう。道具を使う場合ですが、オナホールの使用がおすすめです。

どんなものでも良いというわけではなく、低刺激で本物の女性の膣に近いタイプを使用してください。

また、本番を想定した正常位やバックなどの姿勢で行うのも有効です。最初から高速でピストンすると意味がないので、ゆっくりと動かしながら行いましょう。

あくまでも本番を想定したゆったりとした流れで行うようにするのがポイントです。良く下半身に力を入れた方が射精に至りやすいという人もいるようですが、先にも述べたようにリラックスすることが大切で、どこにも力を入れずにじっくり時間をかけて行います。

オナニーの継続時間が勃起の継続時間であるとも言われているので、強い刺激ですぐに終わってしまう人は、本番で射精に至らずに中折れしてしまうことが多いのもうなずけるでしょう。

回数については、体力が続く限り一日の制限はないとも言われていますが、過度にやりすぎると死に至るテクノブレイクという現象も報告されているので、適度な回数を楽しむのがおすすめです。



精力回復に効果的な6つの方法とは?

精力回復 方法

精力回復でまず思いつくのは精力剤かとおもいます。
しかしそれだけでは不十分です。複数の方法を組み合わせる必要があります。

1.精力剤
もちろん精力剤は重要です。精力剤の良いところは、毎日簡単に必要な栄養素をとれるところです。購入する際にはシトルニン・アルギニン・亜鉛のような成分が入っていることを確認します。どのくらい含有しているかもじっくり見てみましょう。A製品とB製品では含有量がかなり違う、なんてことも結構あります。また、効きそうなパッケージであるのに実際には単なる清涼飲料水だったりします。

また、有効成分は日本製よりも海外製のほうがたくさん入っており、価格も低価格であることが多いようです。中国製は少し不安かもしれませんが、アメリカ製などですと薬事法も日本以上にしっかりしていますので安心かもしれません。
2.食事
精力剤は栄養の吸収が良くないと言われます。やはり食事から栄養素を撮れるのであればそれに越したことはありません。にんにく・山芋・うなぎなどが精力回復には有効な食材として有名ですが、偏らないバランスのよい食事が必要です。また、過食は精力減退の原因となるので、腹8分目までと心がけましょう。
3.睡眠
睡眠不足は精力だけではなく、体調全体に悪影響を及ぼします。毎日同じ時間に就寝し、同じ時間に起きるような、規則正しい生活をすることが重要です。
4.ストレス
多少のストレスは刺激にもなり健康な身体を育成しますが、強いストレスを貯めることは精力減退につながります。一口にストレス解消と言っても難しいかもしれませんが、ストレス解消できるような趣味を数個作っておくと良いでしょう。単なる深呼吸でもある程度の効果があるようです。ほかにもガムを噛む・手をマッサージするなどなど、簡単な方法も取り入れましょう。飲酒・やけ食い・爆買い・自傷行為・ギャンブルのような依存性のあるものはかえって健康を害したり、社会的な信用まで失ってしまう可能性がありますので避けるようにします。
5.運動
毎朝のウォーキング、体操などの軽い運動で構いません。あまりハードなものではなく、続けられる程度のものにしておいた方が良いでしょう。運動することによって男性ホルモンの減少を抑える効果があります。
6.禁煙
実は喫煙は精力減退につながります。多少良い影響の報告もあるようですが、基本的には嫌煙社会になっていますし、悪影響の方が圧倒的に多いです。

このように幾つも方法がありますが、あまり固く考えずにできることから始めていくことが重要です。



中折れしてしまう原因とは?中折れ解消のための2つの対策

中折れ 原因 対策

中折れとはセックス中に一旦は勃起したペニスが萎えてしまうことです。
では、どのようなことが原因なのでしょうか。また解決方法はあるのでしょうか。

まずは肉体的な原因あげられます。一旦、セックスを始めたものの、疲れや睡眠不足により、途中で性欲よりも眠い、休みたいという気持ちがまさってしまい、結果としてペニスが萎えてしまいます。
他にも運動不足で体力が低下している場合や加齢による精力減退によっても、前戯の段階で体力を使い果たして萎えてしまうといったこともあります。
次に精神面ですが、ストレスや悩みを抱えているとセックスに集中できず勃起が収まってしまう場合があります。

また、お酒で泥酔してしまった時は気分の落差が激しくなってしまい、結果として萎えてしまうこともありますし、普段オナニーでペニスに強い刺激を与えすぎるとセックスの刺激では勃起の維持が難しくなってしまう可能性もあります。

このように男性のセックス前の心身状態は中折れの原因となりますので、普段から中折れの原因を作らないような生活を心がけておくことや、必要に応じて薬やサプリメントなどを摂取することなどが1つ目の対策となります。

次にセックス中の状況についてですが、まず挙げられるのが緊張です。女性との初めてのセックス、相手を満足させられるかどうか。ある程度の緊張であれば性欲がまさって勃起を維持できるのですが、過度な緊張はペニスを萎れさせてしまうことにつながります。逆にセックスのマンネリも興奮を低下させてしまいます。他にも例えばセックス中に女性が前戯が気持ち良くないと、膣内があまり濡れていないという場合があります。こういった状態で膣内にペニスを挿入すると、ペニスが痛い、女性が痛がるといったことに繋がり、肉体的な快楽が得られないことや、ぎくしゃくした雰囲気になってしまうことで萎えてしまうこともあります。

このようなセックス中の問題はパートナーに素直に自分の気持ちを打ち明けましょう。ナイーブな問題なのでパートナーに話しづらいこともあると思いますが、自分が今緊張していることや、セックス中にこんなことをしてほしい、逆にどんなことをしてほしいのかといったことを話すことで、中折れせずにスムーズなセックスに繋がります。
また、マンネリにより中折れしそうな時には自分の好きな芸能人や美人とセックスしているところを妄想すると勃起を持続できるという人もいるようです。

このように「事前の心身状態を整える」ことと「セックス中にペニスが萎える原因を取り除く」。この2つの対策を心がけましょう。