シルデナフィルとは?シルデナフィルを飲むメリットとデメリット

シルデナフィルとは

バイアグラは、世界最初のED治療薬として多くの処方実績を持っています。
バイアグラの有効成分はシルデナフィルです。シルデナフィルは狭心症の治療薬として開発が進んでいたものの、臨床試験で勃起を促す作用が認められたためED治療薬として世に出ます。
1998年にアメリカでバイアグラが販売されると、世界的な大ヒット商品となります。日本でも様々なメディアで紹介され、個人輸入代行業者を利用して入手する男性が続出します。
1999年1月25日に日本でもバイアグラの製造が承認され、3月23日に販売がスタートします。

バイアグラにはメリットとデメリットがあります。
メリットは、男性の悩みで多いEDの改善が期待できることです。EDとは勃起障害のことです。
勃起障害は人によって様々な原因があります。
精神的な理由が原因の心因性勃起障害と体の問題が原因の器質性勃起障害に分類されますが、バイアグラはどちらの症状にも有効です。

バイアグラは、服用してから30分から4時間くらいの間に性的な刺激を受けることで効果が出てきます。
シルデナフィルは、陰茎の勃起を止める酵素PDE5を阻害することで勃起をサポートします。PDE5を阻害する薬は、PDE5阻害薬と呼ばれています。
バイアグラについては国内外で臨床試験が行われています。その結果、約7割から9割という高い割合で有効とされています。

バイアグラにはデメリットもあります。
狭心症などの治療に使われる硝酸薬を併用すると血圧が急激に上がることがあるので危険です。また、服用してから一時的に視覚障害を起こすことがあります。視覚障害を起こすと、物を見たときに一時的に色が異常に見えることがあります。めまいを起こすこともあるので、高い所での作業や車の運転には注意が必要です。
頭痛やほてり、動悸などの症状が出る人もいます。頭痛やほてりは比較的多い副作用ですが、これらの症状は血管が広がることで起こるので2時間くらいで治るケースが多いです。
日本国内でバイアグラを購入したい場合は、病院の泌尿器科やED専門クリニックなどで処方してもらえます。
保険は適用されず自由診療扱いとなります。

最近は個人輸入代行会社が運営するサイトでバイアグラを安く購入する人もいますが、その場合は自己責任で使うことになります。
バイアグラの使用方法は、1日1回医師に指示された量を性行為の1時間ほど前に服用します。効果を期待して医師に指示された量よりも多く服用すると、副作用が出るリスクが高くなります。