中折れしてしまう原因とは?中折れ解消のための2つの対策

中折れ 原因 対策

中折れとはセックス中に一旦は勃起したペニスが萎えてしまうことです。
では、どのようなことが原因なのでしょうか。また解決方法はあるのでしょうか。

まずは肉体的な原因あげられます。一旦、セックスを始めたものの、疲れや睡眠不足により、途中で性欲よりも眠い、休みたいという気持ちがまさってしまい、結果としてペニスが萎えてしまいます。
他にも運動不足で体力が低下している場合や加齢による精力減退によっても、前戯の段階で体力を使い果たして萎えてしまうといったこともあります。
次に精神面ですが、ストレスや悩みを抱えているとセックスに集中できず勃起が収まってしまう場合があります。

また、お酒で泥酔してしまった時は気分の落差が激しくなってしまい、結果として萎えてしまうこともありますし、普段オナニーでペニスに強い刺激を与えすぎるとセックスの刺激では勃起の維持が難しくなってしまう可能性もあります。

このように男性のセックス前の心身状態は中折れの原因となりますので、普段から中折れの原因を作らないような生活を心がけておくことや、必要に応じて薬やサプリメントなどを摂取することなどが1つ目の対策となります。

次にセックス中の状況についてですが、まず挙げられるのが緊張です。女性との初めてのセックス、相手を満足させられるかどうか。ある程度の緊張であれば性欲がまさって勃起を維持できるのですが、過度な緊張はペニスを萎れさせてしまうことにつながります。逆にセックスのマンネリも興奮を低下させてしまいます。他にも例えばセックス中に女性が前戯が気持ち良くないと、膣内があまり濡れていないという場合があります。こういった状態で膣内にペニスを挿入すると、ペニスが痛い、女性が痛がるといったことに繋がり、肉体的な快楽が得られないことや、ぎくしゃくした雰囲気になってしまうことで萎えてしまうこともあります。

このようなセックス中の問題はパートナーに素直に自分の気持ちを打ち明けましょう。ナイーブな問題なのでパートナーに話しづらいこともあると思いますが、自分が今緊張していることや、セックス中にこんなことをしてほしい、逆にどんなことをしてほしいのかといったことを話すことで、中折れせずにスムーズなセックスに繋がります。
また、マンネリにより中折れしそうな時には自分の好きな芸能人や美人とセックスしているところを妄想すると勃起を持続できるという人もいるようです。

このように「事前の心身状態を整える」ことと「セックス中にペニスが萎える原因を取り除く」。この2つの対策を心がけましょう。



バイアグラとは?知っておきたいバイアグラを飲むメリットとデメリット

バイアグラ ED

加齢に伴う精力の減退は仕事のやる気だけでなく、体力の低下に伴い若い頃に元気だった男性器も大人しくなってしまいます。また、若い頃でも初めての性交渉によるストレスや生活習慣によって勃起不全になることがあり、多くの男性を悩ませるものです。男性器が勃起できなければ女性を満足させることができず、男としての自信まで喪失しかねないため、早めの改善が必要となります。

そこで、即効性のある改善薬として販売されているのがバイアグラで、1998年にアメリカ合衆国で発売されると同時に、夢の薬として全世界に普及し、日本でも1999年には認可された歴史があります。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは狭心症として開発された経緯があり、血流を良くするために血管を拡張する作用を有しています。男性器が勃起するためには性的な興奮を得て、海綿体に血液が流れ込むことで起こりますが、その際にPDE5と呼ばれる酵素が邪魔をすると一時的に血流が止まり男性器が萎えてしまいます。

シルデナフィルはPDE5の働きを阻害することがあるため、性行時による勃起を促すだけでなく、血管拡張作用によって持続するようになっているのです。バイアグラは服用してから30分ほどで効果が現れ、およそ4~5時間ほど効果が持続するようになっています。そのため、即効性のあるED改善薬として認められており、勃起に悩む男性の多くに愛用されています。いざ性交渉を始める際に男性器が勃起できないのは悲しいことですが、服用から1時間もかからず効果が発現するというのは大きなメリットと言えます。

問題となる勃起力も高いと言われており、中程度の症状なら全盛期以上の硬さを誇るため、女性を満足させるためわざわざ服用している人も多いようです。これほど使い勝手の良い治療薬はなかなかありませんが、バイアグラは医薬品である以上、やはりデメリットも存在します。まず、薬価が非常に高いことが知られており、病院で処方してもらっても1錠あたり1,500円前後かかります。そのため、1度の服用に50mgで十分とされるバイアグラを、あえて100mgで購入して半分に割って服用する人もいるようです。副作用も非常に起こりやすいと言われており、服用者のおよそ9割は軽度の症状が現れるようです。報告されているのは頭痛やめまい、目の充血、顔のほてりなど血管拡張の作用によるものが多く、稀に消化不良に下痢、視覚異常なども起こるとされています。




最近、朝立ちしない!?知っておきたい3つの原因と改善方法

朝立ちしない 原因

これまでは、毎朝元気に朝立ちしていたのに、最近は朝立ちしないとなれば心配になってしまいますよね。実はそれには原因があるんです。そこでここでは、朝立ちしない原因と、改善方法をご紹介していきます。

 人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の二種類があり、ノンレム睡眠は浅い眠りのことになります。その浅い眠りの最中に勃起が起こります。そのため、朝目覚めるときには立っている状態になっているのです。しかし、何かしらの原因で朝立ちしないことがあります。その代表例が以下の3つになります。

 1.男性ホルモンの影響
 年齢を重ねていくと、徐々に生殖器の衰えが始まっていきます。それはむしろごく自然なことで、病気というわけではありません。朝立ちは大体70歳前後まではしっかり起こるといわれています。ただ、年をとっても元気でいたいと思っている方もいらっしゃいます。 年を取ったことが原因で朝立ちしないのであれば、改善方法としては、精力剤などを試してみると良いです。

 2.睡眠不足や睡眠障害
 睡眠がしっかりとれていないことが原因で朝立ちしないということもあります。そのような場合の改善方法は、しっかり睡眠をとることです。もちろん、単純に時間がなくて寝不足の場合は、寝る時間を確保すればよいのですが、睡眠障害などの何らかの病気と関連付けられる場合には、病院にかかることをおすすめします。また、生活リズムが崩れることでも朝立ちしないことがあります。普段から規則正しい生活を心がけることが改善の方法だと言えます。

 3.動脈硬化
 勃起は男性器への血液量の増価によっておこるものです。単純に血液循環が悪いと勃起不全も起こりやすく、朝立ちしない原因になります。ただ、朝立ちしないだけならまだしも、脳梗塞などの大きな病気につながってしまうこともあります。そのようなことがないようにしっかりと定期的に病院にかかるなどの対処が必要になってきます。

 4.食事
 食生活が悪いということも朝立ちしない原因の一つと考えられます。食事は体の機能を維持・発展させてくれる大きな役割を持っています。朝立ちもその一つで、体のエネルギーになるようなものを食べたり、血液循環を良くするような食事をすることで、改善が期待できます。

 いかがでしょうか。原因は人によって変わりますが、普段の生活習慣が大きく関連してくるのがお分かりいただけたと思います。朝立ちしないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。




20代男性がEDになる原因とは?自力で出来る対策はあるの?

20代 ED

ある調査では、20代~60代の男性の約30%が「ED症状がある」と答えています。
年齢と共に症状の割合が増加していきますが、若い世代である20代の割合は22.4%となっており、30代の割合の約14.1%を大きく上回った結果がでました。さらに重度EDの割合は20代が4.9%で、30代の1%と40代の4.4%よりも高い割合となっています。そのため、EDに年齢は関係ありません。
EDを放置すると慢性化してしまう恐れがあるので、原因を知り、対策を取ることが必要です。

20代のEDの原因の多くは心因性のものとされています。心因性とはストレス、緊張、不安によるものが起因して勃起不全になることです。

経験が足りないという点から、性行為に対して緊張や不安を招きやすくなる性的未熟が原因になるのが一例です。また、初夜をきっかけにEDになる男性の30%が婚前前の性経験がないというデータもあります。
初めての行為がうまくできなかった、パートナーに暴言を吐かれた、必要以上に深刻に受け止めてストレスにしてしまう人も少なくはありません。性的未熟ののケースでは、マスターベーションは問題なく行えるが、相手がいると機能しないというパターンが特徴的です。
こうした性行為における不安など以外では、家庭や職場でのストレスもあります。20代は大学を卒業して新社会人になる時期なので仕事上のストレスが引き金になることもあり、結婚したが夫婦関係がうまくいかないなどが影響することも考えられます。

対策としては原因を突き止めてストレスを解消するのが第一ですが、原因を究明できないケースもありますし、簡単に原因を取り除くことができない場合もあるでしょう。
そこで一番効率が良い対策としてED治療薬が勧められています。

ED治療薬とは、勃起をサポートする医薬品です。
性行為の前に服薬しておくことで勃起不全の対策ができます。コンディションに合わせて服用し、服薬することで問題なく性行為が行えるようになると自然と自信が解消されて服薬しなくても自然に勃起できるようになるでしょう。

ED治療薬はクリニックでの処方が可能です。
クリニックに行くのが恥ずかしい場合は個人輸入を利用する方法もありますが、リスクを踏まえて利用しましょう。また、ED治療薬にはいくつか種類があり、副作用もあるので、自分に合う薬を安全に使用するためには一度は病院を受診した方が安心して対策ができます。




夫のアソコが勃たない!男性がセックスレスになる原因とは?

夫 たたない

最近夫のアソコが勃たない…最近セックスレスが続いている…と悩んでいる方も多くいらっしゃいます。もちろん夫のアソコが勃たないのはセックスレスの原因の一つになります。そこで、ここでは、男性がセックスレスになる原因をご紹介していきます。
 
 1.異性としてみることができなくなった
 大きく考えられる原因の一つが、異性として見られなくなったせいで興奮することがなくなったしまうということです。長年一緒にいてマンネリ化してしまっている場合や、妻の日常のだらしない姿をみて興奮しなくなってしまう場合などがあります。もちろん妻とは仲がいいんでけど、異性としては見ることができないという方も多いです。夫の前では楽をしたいと考えて、化粧やスタイリング、日常の態度などあれこれ手を抜いてしまってはいないか、セックスに誘う時も女性らしく誘っているかなど、もう一度日常生活のマンネリ化の原因を見直して、初めて付き合ったときのように緊張感が出るようにしてみるといいでしょう。
 
 2.疲れている
 毎日仕事仕事で疲れていて、セックスどころではないという男性も少なくありません。日本社会はとても忙しいですから、夫の疲れがたまってしまうのも無理はありません。また逆に奥さんの方も誘われても乗り気ではなく、誘うのも面倒だという方もいらっしゃいます。疲れがたまっているのが原因で勃たないというのであればまずは、疲れを取るもしくはたまらないような対策をするのが先決です。

 3.夫がED
 夫がもともとEDだということも原因の一つになります。EDとは勃起不全のことで、要するになかなか勃たないということです。これは妻がどうこうという問題ではなく、夫の体の問題です。年を取ったことが原因だったり、AVの見過ぎで普通のセックスだけでは興奮しなかったりと理由は様々です。もしくは若いころから何かしらの原因でEDの可能性もあります。その場合はおそらく、はじめのころからセックスレスだったり、セックス自体が少なかったかもしれません。どの原因にしても今ではED治療薬や精力剤なども多くあるので、使ってみるのも良いでしょう。

 いかがでしょうか。夫のアソコが勃たないことが原因でセックスレスになっている場合はこれらの原因があります。セックスは相手とコミュニケーションを取る大事な方法になります。「まあ、いいか。」とあきらめることなく、原因を見つめ直すことで、充実したセックスライフを取り戻しましょう。