20代男性がEDになる原因とは?自力で出来る対策はあるの?

20代 ED

ある調査では、20代~60代の男性の約30%が「ED症状がある」と答えています。
年齢と共に症状の割合が増加していきますが、若い世代である20代の割合は22.4%となっており、30代の割合の約14.1%を大きく上回った結果がでました。さらに重度EDの割合は20代が4.9%で、30代の1%と40代の4.4%よりも高い割合となっています。そのため、EDに年齢は関係ありません。
EDを放置すると慢性化してしまう恐れがあるので、原因を知り、対策を取ることが必要です。

20代のEDの原因の多くは心因性のものとされています。心因性とはストレス、緊張、不安によるものが起因して勃起不全になることです。

経験が足りないという点から、性行為に対して緊張や不安を招きやすくなる性的未熟が原因になるのが一例です。また、初夜をきっかけにEDになる男性の30%が婚前前の性経験がないというデータもあります。
初めての行為がうまくできなかった、パートナーに暴言を吐かれた、必要以上に深刻に受け止めてストレスにしてしまう人も少なくはありません。性的未熟ののケースでは、マスターベーションは問題なく行えるが、相手がいると機能しないというパターンが特徴的です。
こうした性行為における不安など以外では、家庭や職場でのストレスもあります。20代は大学を卒業して新社会人になる時期なので仕事上のストレスが引き金になることもあり、結婚したが夫婦関係がうまくいかないなどが影響することも考えられます。

対策としては原因を突き止めてストレスを解消するのが第一ですが、原因を究明できないケースもありますし、簡単に原因を取り除くことができない場合もあるでしょう。
そこで一番効率が良い対策としてED治療薬が勧められています。

ED治療薬とは、勃起をサポートする医薬品です。
性行為の前に服薬しておくことで勃起不全の対策ができます。コンディションに合わせて服用し、服薬することで問題なく性行為が行えるようになると自然と自信が解消されて服薬しなくても自然に勃起できるようになるでしょう。

ED治療薬はクリニックでの処方が可能です。
クリニックに行くのが恥ずかしい場合は個人輸入を利用する方法もありますが、リスクを踏まえて利用しましょう。また、ED治療薬にはいくつか種類があり、副作用もあるので、自分に合う薬を安全に使用するためには一度は病院を受診した方が安心して対策ができます。




コメントを残す