最近、朝立ちしない!?知っておきたい3つの原因と改善方法

朝立ちしない 原因

これまでは、毎朝元気に朝立ちしていたのに、最近は朝立ちしないとなれば心配になってしまいますよね。実はそれには原因があるんです。そこでここでは、朝立ちしない原因と、改善方法をご紹介していきます。

 人間の睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の二種類があり、ノンレム睡眠は浅い眠りのことになります。その浅い眠りの最中に勃起が起こります。そのため、朝目覚めるときには立っている状態になっているのです。しかし、何かしらの原因で朝立ちしないことがあります。その代表例が以下の3つになります。

 1.男性ホルモンの影響
 年齢を重ねていくと、徐々に生殖器の衰えが始まっていきます。それはむしろごく自然なことで、病気というわけではありません。朝立ちは大体70歳前後まではしっかり起こるといわれています。ただ、年をとっても元気でいたいと思っている方もいらっしゃいます。 年を取ったことが原因で朝立ちしないのであれば、改善方法としては、精力剤などを試してみると良いです。

 2.睡眠不足や睡眠障害
 睡眠がしっかりとれていないことが原因で朝立ちしないということもあります。そのような場合の改善方法は、しっかり睡眠をとることです。もちろん、単純に時間がなくて寝不足の場合は、寝る時間を確保すればよいのですが、睡眠障害などの何らかの病気と関連付けられる場合には、病院にかかることをおすすめします。また、生活リズムが崩れることでも朝立ちしないことがあります。普段から規則正しい生活を心がけることが改善の方法だと言えます。

 3.動脈硬化
 勃起は男性器への血液量の増価によっておこるものです。単純に血液循環が悪いと勃起不全も起こりやすく、朝立ちしない原因になります。ただ、朝立ちしないだけならまだしも、脳梗塞などの大きな病気につながってしまうこともあります。そのようなことがないようにしっかりと定期的に病院にかかるなどの対処が必要になってきます。

 4.食事
 食生活が悪いということも朝立ちしない原因の一つと考えられます。食事は体の機能を維持・発展させてくれる大きな役割を持っています。朝立ちもその一つで、体のエネルギーになるようなものを食べたり、血液循環を良くするような食事をすることで、改善が期待できます。

 いかがでしょうか。原因は人によって変わりますが、普段の生活習慣が大きく関連してくるのがお分かりいただけたと思います。朝立ちしないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。




コメントを残す