バイアグラとは?知っておきたいバイアグラを飲むメリットとデメリット

バイアグラ ED

加齢に伴う精力の減退は仕事のやる気だけでなく、体力の低下に伴い若い頃に元気だった男性器も大人しくなってしまいます。また、若い頃でも初めての性交渉によるストレスや生活習慣によって勃起不全になることがあり、多くの男性を悩ませるものです。男性器が勃起できなければ女性を満足させることができず、男としての自信まで喪失しかねないため、早めの改善が必要となります。

そこで、即効性のある改善薬として販売されているのがバイアグラで、1998年にアメリカ合衆国で発売されると同時に、夢の薬として全世界に普及し、日本でも1999年には認可された歴史があります。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは狭心症として開発された経緯があり、血流を良くするために血管を拡張する作用を有しています。男性器が勃起するためには性的な興奮を得て、海綿体に血液が流れ込むことで起こりますが、その際にPDE5と呼ばれる酵素が邪魔をすると一時的に血流が止まり男性器が萎えてしまいます。

シルデナフィルはPDE5の働きを阻害することがあるため、性行時による勃起を促すだけでなく、血管拡張作用によって持続するようになっているのです。バイアグラは服用してから30分ほどで効果が現れ、およそ4~5時間ほど効果が持続するようになっています。そのため、即効性のあるED改善薬として認められており、勃起に悩む男性の多くに愛用されています。いざ性交渉を始める際に男性器が勃起できないのは悲しいことですが、服用から1時間もかからず効果が発現するというのは大きなメリットと言えます。

問題となる勃起力も高いと言われており、中程度の症状なら全盛期以上の硬さを誇るため、女性を満足させるためわざわざ服用している人も多いようです。これほど使い勝手の良い治療薬はなかなかありませんが、バイアグラは医薬品である以上、やはりデメリットも存在します。まず、薬価が非常に高いことが知られており、病院で処方してもらっても1錠あたり1,500円前後かかります。そのため、1度の服用に50mgで十分とされるバイアグラを、あえて100mgで購入して半分に割って服用する人もいるようです。副作用も非常に起こりやすいと言われており、服用者のおよそ9割は軽度の症状が現れるようです。報告されているのは頭痛やめまい、目の充血、顔のほてりなど血管拡張の作用によるものが多く、稀に消化不良に下痢、視覚異常なども起こるとされています。




コメントを残す