精液を増やす9つの方法とその効果とは?精液を増やす成分や食べ物も紹介

精液を増やす方法

精液を増やす方法には筋トレや食生活の改善など様々な方法がありますが、ポイントになるのは男性ホルモンを増やすことです。

男性ホルモンであるテストステロンが増える事で精液量は増します。

その他にも性欲増強や勃起力アップにも効果がある物質ですので増やしておいて損はありません。

⇒男性ホルモン(テストステロン)を増やすサプリメントの詳細はコチラの記事から

精液を増やすための9つの方法

精液を増やすための成分を含む食べ物を積極的に食生活に摂りいれる

精液を増やす 食生活

射精に勢いがないことを悩んでいる男性は少なくありません。これは精液の絶対量が足らないところに問題があるのです。

精液の量を増やす方法としては、食生活を見直すことも有効な策だと言われております。精液を増やす食材として真っ先にあげなければならないのが亜鉛です。

亜鉛は、睾丸で精液を作るために必須のミネラルなのです。亜鉛は、人間の体内で自然に作り出すことができません。ですから食事によって摂取せざるを得ないのです。

亜鉛以外にもアルギニンが必要な栄養とされています。

アルギニンが大量に含まれているクラチャイダムは、エナジードリンクにも多量に含まれており、性行為を連続して行うにあって、事前に摂取する人は珍しくありません。

スクワットなどの筋トレ

精液を増やす 筋トレ

年齢とともに精液が減ってしまう事はしょうがないと諦めている人が多いです。しかし、年齢を重ねてもいつまでも力強くある事は可能です。

精液を増やす方法として、筋トレがあります。

筋トレをすることで、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を増やすことができます。特におすすめなのはスクワットです。

スクワットは、太ももの大きく太い筋肉を鍛えることができます。筋トレ効果が顕著に出やすい箇所です。

また、太ももにある大腿四頭筋は、睾丸に最も近い位置にある筋肉の1つです。

この部分を集中的に鍛えることで下半身が強化され、精液の量を効率的に増やすことができます。

スクワットはあまり激しくやる必要はありませんが、1日に30回を目標にしたいです。朝15回・夜15回と毎日行うことで、効果が期待できます。

3日程度の適度なオナ禁によって精液を増やす

精液を増やす オナ禁

射精に勢いがないと感じたら精液を増やすのが良いのですが、その方法として最も簡単で優れているのがオナ禁です。

若い時であれば一日で何度も射精ができるかもしれませんが、歳を重ねるとそうはいきませんから我慢しておくことが大事と言えます。

どのくらいオナ禁すれば良いかと言いますと、3日程度が良いとされていまして、これはオナ禁しても精巣が満タンになるのが3日が限界だからで、それ以上はあまり意味がありません。

3日我慢することを定期的に行なえば精液を増やすことができますし、性行為の予定があるのでしたら3日前から準備をしておくと満足度の高いセックスが行なえるでしょう。

仮に3日以上我慢したとしたら逆にテストステロンの分泌量が減少してしまいます。

⇒オナ禁のメリットとその効果について

ダイエットで肥満を解消

精液を増やす ダイエット

男性は射精の際に精液が沢山出れば、快感の度合いをアップできます。但しストレスや疲労などがたまると、精子の量が少なくなると言われています。

その他加齢に伴う筋力の低下も、精子減少の要因として挙げられます。

特に肥満体型の人は、筋肉量が低下しテストステロンの分泌量が少なくなる傾向があります。

テストステロンは精子の量を増やす大事な働きがあり、それを増やすことが肝心です。

但し体内の脂肪がテストステロンの働きを阻害するので、脂肪が多い肥満体を解消することが大事になります。

脂肪を燃焼させるには、有酸素運動によるダイエットが効果的です。ランニングやウォーキング、そして水泳などがよいと言えます。

運動方法としては、極力全身を使うほうが効果があります。

良質な睡眠やストレス解消

精液を増やす 睡眠

精液を増やす方法には様々なものがありますが、良質な睡眠やストレス解消で男性ホルモンのテストステロンを増やすということもその一つです。

テストステロンの分泌を促進させるためには、22時~2時のゴールデンタイムに就寝するのがベストです。

良質な睡眠に導くためには、ブルーライトが発せられる就寝直前にテレビやパソコンやスマートフォンの画面を見たり、カフェインやアルコールを摂取したりすることは避ける必要があります。

良質な睡眠をとれば自律神経の乱れも改善されてストレス解消につながります。

禁煙することで精子や精液に良い生殖環境を作る

精液を増やす 禁煙

精液増やす方法としては精子や精液に良い生殖環境を作ることが大切です。

質の良い精子とは精子の数が多いだけではなく運動率も高く、DNAの損傷度合いが低い正常形態率が高いものをいいます。

精子の質と量を下げる原因には様々ありますが、そのなかでもタバコの影響は大きいとされていますのでタバコを吸っている方はまずは禁煙をすることをおすすめします。

タバコはDNAの損傷度に関わる酸化ストレスが発生するため、将来的に子どもを持ちたいと思っている方は特に控えたほうが良いでしょう。

ニコチンには血流を悪くしてしまう効果があるため勃起不全を引きおこしやすくなってしまいます。

精液は加齢とともに質が落ち、量も減っていくのが一般的ではありますが、生殖環境を整えることで改善できるので取り入れてみてはいかがでしょうか。

妻や彼女以外の魅力的な女性と接する

精液を増やす 女性

精液を増やす方法として、大切な妻やかわいい彼女以外の、女子的な魅力がある女性と接することは、体内テストステロンを増やしますし精液量をアップさせる要因でもあります。

本人にとって心が天国に行きそうな、かわいいと思える女子と接することで、ドキドキするのがとても良い効果です。

ドキドキは心のときめきでもありますし、良い意味での緊張感がありますので、その状態はテストステロンをたくさん分泌します。

誰でもよいわけではなく本人に取り、魅力あふれる女性と判断できる人を見つけるのがポイントであり、自然と豊富な男性ホルモンの分泌をすることが可能です。

素敵だとかキュートと感じた女子を見つけたら、声をかけてみたりするだけでも、テストステロンアップにはよい方法になります。

性行為前の興奮の度合いを高める

精液を増やす 興奮

精液量を増やすことは、「性行為前の興奮度合いを高める」という簡単な方法で達成可能です。

これは精液に含まれる成分に理由があります。精液は精子だけでなくその他にも主な成分として「前立腺液」「精嚢液」が含まれています。

とくに精液の大部分を占めているのが精嚢液で、その割合は全体の6割ほどあります。

精嚢液は射精の瞬間に放出されますが、その射精に至るまでの興奮の強さに比例して、その量が増えるという特徴があります。

そのため射精前段階での性的興奮度合いを高めることで、精液の量を増やすことができるのです。

手順の決まった機械的な性行為ではなく、より刺激の多い情熱的で新鮮な興奮を覚えるよう性行為を心がけることが大切です。

亜鉛やアルギニンなどの精液を増やす成分をサプリメントで摂取する

精液を増やす サプリメント

不妊に悩むカップルが増加しているのは結婚時期や妊娠する時期が高齢化していることも原因の一つです。

妊娠するには女性のホルモンバランスが正常に分泌されていることが大切ですが、男性側のホルモンも影響します。

年齢を重ねると男性ホルモンの分泌が減少し、精液の量が減少したり精力減退につながるのです。

すると受精が難しくなることになります。精液の量を増やすには方法として亜鉛やアルギニンを積極的に摂ることが必要です。

亜鉛やアルギニンは精液の量を増やし、精力を増加させる働きがあるのです。

食べ物で摂ることが難しければサプリメントで摂取する方法もあります。

サプリメントなら手軽に一日の必要成分量を確実に摂ることが可能です。

⇒男性ホルモン(テストステロン)を増やすサプリメントの詳細はコチラの記事から

精液が増えることで期待できる主な4つの効果とは

射精時の快感が増す効果

精液を増やす 効果

男性であれば同意頂けると思いますが射精する時によって快感度合いはまちまちです。その理由は射精の量による要因が大半を占めています。

例えば間隔を開けた場合とそうでない場合、精液が排出される量は違います。間隔が開けた場合のほうが多く排出されますが、それは精子製造工場でもある睾丸で精子が製造される量が物理的に多いからです。

そのため精液を増やすには間隔をあけるのが最も効果的です。その他にも性行為の時間を長くとるという方法もあります。

ペニスを刺激する事によって睾丸からペニスに移動する精液の量が増加するからです。そうする事により精液の量が増え、快感も増えるわけです。

もちろんパートナーの肩への満足感も増える結果につながります。

性行為を2回戦、3回戦と連続射精で闘える

精液を増やす 効果

精液を増やす効果として挙げられるのは妊娠する確率を増やすことが挙げられるのですが、性行為を1回戦だけではなく2回戦や3回戦も連続して楽しめるという効果もあります。

これは1回戦が終了した時点でも、その後に射精をするだけの精液の余力が残っているからです。

ただ単に長期間射精をしないでおいて溜め込んでいても2回戦目や3回戦目を戦えるという訳ではありません。

連続して性行為を楽しむためには精液を身体の中で生成する働きを高める必要があるからです。

たくさんの量の精液を身体の中に生成する体質になることによって初めて連続して性行為を戦える身体を手に入れることができることになります。

そのためにはアルギニンや亜鉛などを身体に取り込むことが必要になるのです。

⇒射精回数や射精頻度を増やす方法とは

性欲が向上する。ムラムラする頻度が高くなる

精液を増やす 効果

性欲が最近減退していると考えている男性もいるでしょうが、テストステロンを増やせば、性欲が向上し性欲を増やす効果が期待できます。

男性らしさを作りだすためにとても重要なホルモンで、精力に密接に関わり精力アップが期待できます。

他にもテストステロンは体力面や精神面にも関わりがあるので性欲の向上にはなくてはならないものです。

テストステロンが多ければ多いほど精液が多く作られ性欲もアップしますが、残念ながらテストステロンは年齢と共に減少していきます。

増やす方法としては、精力剤を飲んだり運動して増やす方法があります。

ランニングのような持久力を必要とするトレーニングよりも、バーベルをあげるような瞬発力を必要とするトレーニングの方が効果が期待できます。

妊活や不妊に効果的

精液を増やす 効果

男性の体は、男性が考えているより遥かにデリケートに出来ています。精液を増やす効果が絶大な妊活の方法を考えてみましょう。

強く子供を望むことで妊活が使命感を伴うものになってしまうと精液や精子は増えません。

長い禁欲期間が存在すると、精子の運動率や正常な状態の精子の数が減少してしまうこともオーストラリアの研究で明らかになっています。

精神的にストレスを掛けない妊活は脳を刺激して、精液や精子の数を増やす効果が絶大です。

子供を望むカップルは、お互いに精神的なストレスを掛けず愛情表現としての妊活をイメージすることで、精液を増やす効果に繋がるでしょう。

バランスの取れた食事や規則正しい生活も精液を増やし効果的な妊活実現の要因の一つです。不妊に繋がるストレスは出来る限り解消していきましょう。

精液を増やすために有効な3つの成分とは

アルギニン

加齢や日常生活で感じるストレスにより男性ならではの性の悩みを抱えている人も多いでしょう。

アルギニンが精液を増やす理由は、精液の原料の8割がアルギニンだからです。

精液が空っぽの状態であっても、三日で射精できる能力を持っています。

精子を作るためには細胞分裂が必要となるのですが、この細胞分裂のスピードを速める役割をする成長ホルモンもアルギニンから作られます。

また、男性ホルモンの一つであるテストステロンの分泌にも役立っています。

一般的に30歳を超えると体内でのアルギニンの分泌は止まる傾向にあります。

ですから、外部から不足した分を補う必要が出てきます。

補給にはドラッグストアや通販サイトなどで販売されているアルギニンのサプリメントがよいでしょう。

⇒アルギニンの男性に嬉しい10の効果について

亜鉛

精液の量が物足りないと感じている方々は、普段から体内の亜鉛の量が不足している可能性があります。

人間は射精をするたびに3mg以上の亜鉛を消耗しているので、栄養バランスの偏った食事を続けている人は注意が必要です。

射精の回数が増えると体内のミネラルバランスが崩れる事になり、ただ精液の量が減ってしまうだけでなく、血流や脳内神経にまで悪影響が出る可能性もあります。

そんな身体の不調を避けるためにも、定期的に亜鉛を摂取する事によって、精液の量を増やす事を心がけてください。

牡蠣などの食材を食べる事で体内のミネラルバランスを整えると、良質なタンパク質も同時に摂取する事ができます。

もし亜鉛の量が不足してしまうと、男らしい身体を作るために必要なテストステロンという成分も不足して、精液の生産量が落ちる事になりかねません。

シトルリン

シトルリンが精液を増やす理由について知りたいという人もいるでしょう。

シトルリンを摂取すると体内でアルギニンに変換されますが、これは精子の約8割を構成する成分です。

そのためシトルリンを摂取することで精液を増やすことに繋がりますし、勃起をサポートするという効果も期待できるのです。

この成分には血流の流れを良くするという働きもありますし、体の隅々まで栄養素を届けられるようになります。

栄養素がきちんと届くようになれば体温が高くなって新陳代謝もアップします。

結果として精液の生産量を増やすことができますし、性交渉の際に快感を得やすくなるということです。

体温が高くなれば感覚も鋭くなりますし、興奮しやすくなるとされています。

アルギニン、亜鉛、シトルリンを効率よく摂取するためには

精液を増やす 成分

上記で挙げた精液を増やすために有効なアルギニンや亜鉛、シトルリンを日常的に摂取するためには普段の食生活だけでは厳しい面があります。

そういった時こそサプリメントを利用してください。

それぞれ単体の成分のサプリメントを飲むのはあまり効率的にではありませんので、出来れば3つの成分が全て高配合されているサプリメントがベストです。

⇒男性ホルモン(テストステロン)を増やすサプリメントの詳細はコチラの記事から

精液を増やす食べ物とは?

卵や肉類、牛乳などの良質なたんぱく質

精液を増やす アルギニン

精液の成分のひとつである精子は、主にたんぱく質を材料にして作られるものです。

そのため良質なたんぱく質の摂取はその量を増やすために欠かせません。

ただし量を増やすにはこれだけでは不十分。精子合成を補助する成分も同時摂取しなければ、せっかくのタンパク質も効果的に使用されず、精子の量は増えないためです。

この合成に役立つのが「亜鉛」です。亜鉛とタンパク質、両方があって初めて十分な精液をつくり出すことが可能となります。

ですので牡蠣など、亜鉛を豊富に含む食べ物を上手に摂取していくことが大切です。

さらに「アルギニン」にも精子の量を増やす効果があるといわれています。

これはアルギニンの効果である成長ホルモン分泌促進によって細胞分裂を早め、精子の生成を増やすことができるためです。

豚肉や豆腐にアルギニンは豊富に含まれているので、こうした食べ物を摂取していくことも大事となります。

牡蠣など亜鉛を含む食べ物

精液を増やす 亜鉛

妊娠をするためには女性側のホルモンバランスなどが多く影響しますが、男性の精鋭期の量なども大切です。

精液を増やすことで卵子との受精がしやすい環境になります。

そして精子が少なくなると精力減退や勃起力低下にもつながってしまい不妊症になりやすくなってしまうのです。

そこで精子を増やすための食べ物などを摂ることが必要になります。精子を増やすには亜鉛が良いとされています。

亜鉛は精子の量を増加させる働きがあります。

亜鉛は体の様々な部分の細胞に存在し、男性ホルモンの代謝に欠かせない栄養素です。

前立腺や、精液などにも高濃度で含まれていてきちんと摂取することで精液の量が増えるのです。

亜鉛を多く含む食べ物の代表としては牡蠣やアナゴです。

アーモンドやアボカドなど一価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸を含む食べ物

精液を増やす アーモンド

アーモンドやアボカドなどといった飽和脂肪酸などを含む食べ物を、適度に摂取することによって精液を増やすのに効果的なのは、体内血液の循環が良くなるからです。

たっぷりのビタミンEも含みますので、抗酸化作用が体内で働いて、活性酸素による血管へのストレスからも、栄養が守ってくれます。

活性酸素が多すぎると血管は酸化の進行が進みやすくなるので、血管がダメージを受ければ血液循環も悪くなります。

反対に血管を健康に維持できるようになれば、血液の流れは全身が良くなりますので、血流がたくさん流れることで、勃起力も向上をするのが理由です。

これらの食材の成分は、血液の流れをよくするため効果もあるので、より血液の流れが良くなります。

玉ねぎやにんにくなど含硫化合物を含む食べ物

精液を増やす ねぎ

精力増進のカギとなるのが、男性ホルモンの分泌です。男性ホルモンには色々な種類がありますが、精力増進に関係するのがテストステロンです。

テストステロンが増えれば、精子の生成が活性化され機能を高めることになります。男性ホルモンを増やすには、摂取する栄養のバラスが大事です。

タンパク質やアミノ酸をはじめ、亜鉛や含硫化合物などが必要です。精液量を増やすのに欠かせないのが亜鉛で、食べ物から摂取することになります。

日本人男性の摂取量は1日あたり約15ミリグラムとなり、欧米などと比べるとはるかに少なくなっています。

亜鉛自体は直接精子を構成しませんが、精液を作るには欠かせないミネラル成分です。

含硫化合物はタンパク質と併せて摂ることにより、男性ホルモンの活性化につながります。

まとめ~鍵は男性ホルモンにあり

精液を増やす方法

精液を増やす方法は食生活の改善や筋トレ、適度なオナニーなど様々な方法がありますが、いずれにしても鍵は男性ホルモンにあります。

男性ホルモンを増やすことがすなわち精液を増やす方法だと思っておいて間違いないでしょう。

そのためには男性ホルモンが増えるような生活習慣に加えて、男性ホルモンが増える成分を摂取することです。

食事からだけでは十分な量は摂取できないでしょうから、サプリメントで補充していくことがもっとも効率が良いでしょう。